News

2017年04月14日 キム・スヒョン、IUのPVティーザーでも証明した俳優の実力!


4月14日正午、キム・スヒョンが出演したIUの正規4集『palette』の収録曲『こんなエンディング』のPVティーザー映像が公開され、胸キュン必至な魅力を通じ“信じて見ることのできる俳優”キム・スヒョンの底力が再確認できました。

公開された映像の中でキム・スヒョンは、IUに向けた奥ゆかしいまなざしでときめかせたかと思えば、IUに握手を求め緊張し震える手を細やかに表現し、見ている方々に笑顔を届けました。
また、仲睦まじい二人の美しい思い出がパノラマのように流れ、感覚的な映像美でバラードの切なさを盛り上げました。

このようにキム・スヒョンは、短いティーザー映像の中でまなざしや表情だけで魅力を発揮し、瞬時に大衆の注目を浴びました。
今回のPVへの参加は、キム・スヒョンのデビュー後初出演であること、また、2011年『ドリームハイ』で共演以来のIUとの友情で実現したもので、公開前から期待を集めていました。
この期待に応えるように、キム・スヒョンは余すことなく自身の真価を見せファンの期待感と信頼感を得ました。

☆IU『こんなエンディング』のPVティーザー映像はこちらから

引き続き、キム・スヒョンへのあたたかいご声援をよろしくお願いいたします。