News

2020年06月16日 【翻訳】『サイコだけど大丈夫』夢幻的な団体ポスター公開!

写真提供:tvN

tvNの新土日ドラマ『サイコだけど大丈夫』で夢幻的な団体ポスターが公開されました!
韓国にて6月20日(土)に初放送を控えているtvN新土日ドラマ『サイコだけど大丈夫』は、耐え難い人生の重みで愛を拒否する精神病棟の保護司ムン・ガンテ(キム・スヒョン)と、生まれつきの欠陥で愛を知らない童話作家のコ・ムニョン(ソ・イェジ)が、互いの傷を癒していく一編のファンタジー童話のような少し不思議なロマンチックコメディーです。

キム・スヒョン(ムン・ガンテ役)、ソ・イェジ(コ・ムニョン役)、オ・ジョンセ(ムン・サンテ役)、パク・ギュヨン(ナム・ジュリ役)の4人の俳優の団体ポスターには、童話のワンシーンのように夢幻的な空間が捉えられ目を引きます。また、劇中互いに異なる色を持つ4人の人物の姿までうかがえる中、まず女王のような孤高な姿を誇る傍若無人な童話作家のコ・ムニョンは、作業空間である机に座り、堂々としたオーラを放っています。

その前の椅子に座ったムン・ガンテは、耐え難い人生を背負った保護司の服装ではなく、カジュアルルックで、一層楽な雰囲気を醸し出しています。同時に、今にも「大丈夫」と励ましてくれるようなあたたかいまなざしで、彼が伝えるヒーリングのメッセージ、そしてコ・ムニョンとの衝突から溢れ出る「少し不思議な」ロマンチックコメディーのときめきを期待させます。

ムン・ガンテの兄であり、自閉スペクトル(ASD)を持ち、自分だけの世界にいるムン・サンテ(オ・ジョンセ)は、何か新しいことに向き合ったように好奇心で目を輝かせています。特にコ・ムニョンへのファン心いっぱいの彼が彼女と出会った後にどんなストーリーを描き出すのか、期待が高まります。

また、コ・ムニョンの小学校の同級生であり、ムン・ガンテに片思いする看護師ナム・ジュリ(パク・ギュヨン)は、微笑みながらもどこか本心がわからない表情を浮かべ、彼らと築く関係性にも好奇心を掻き立てます。

制作陣は「ドラマのコンセプトや雰囲気のため、ポスターのセットにも気を配りました。この中に入った俳優たちの姿は言葉通り、童話のワンシーンのようでした」と話し、「呼吸もとてもよかったです。演技との相乗効果がそのまま残る初放送も期待してほしいです」と話しました。

tvNの新土日ドラマ『サイコだけど大丈夫』は韓国にて6月20日(土)夜9時に初放送されます。

引き続き、キム・スヒョンへのあたたかいご声援をよろしくお願いいたします。